(株)東部浄化槽管理センター

HOME 矢印 東毛清掃について 矢印 (株)東部浄化槽管理センター

事業内容

下水道事業
廃棄物事業
リサイクル事業
清掃事業

関連企業

(株)東部浄化槽管理sセンター
(株)アサカ
オゾンパワーシステム
PCG工法

会社概要

創業 昭和53年4月 東部浄化槽管理センター
設立 昭和58年6月 株式会社東部浄化槽管理センター
代表取締役 大月智仁
資本金 1,000万円
営業種目 浄化槽保守・点検作業
所在地 群馬県佐波郡玉村町大字五料162-1


大きな地図で見る

浄化槽管理

浄化槽は保守点検・清掃・法定検査が必要です

保守点検

浄化槽の機能を維持するために機器類の調整や消毒薬の補充等を行います。
浄化槽管理士証取得者により、保守点検を実施しています。

外観確認・導入確認 槽の水平保持、破損確認 マンホール蓋、桝蓋確認 周囲への臭気発散確認 詰り、水流状態確認
ばっ気装置点検 音・振動・熱状況確認 風量 エアフィルター掃除、交換 ブロアポンプ動作確認 逆洗状況確認 ※酸素供給する運転箇所できめ細やかな点検が必要です
水質測定 水温、色相、臭気確認 亜硝酸反応 透視度、PH値確認 残留塩素 DO(溶存酸素) BOD(有機物の量) SV(汚泥30分沈殿率) ※放流水や各槽の水質チェック 放流水への消毒濃度チェック
消毒剤補充 消毒剤確認 ※消耗品は定期的に補充します
沈殿室・嫌気ろ床槽 接触ばっ気槽点検 汚泥状況確認 スカム状況確認 破損、変形、漏水確認 旋回流、散気管目詰り、接触材生物膜状況確認 ※浄化機能が低下しないように清掃、調整します
周辺清掃 マンホール入口、蓋清掃確認 周辺清掃確認
清掃
浄化槽にトイレ排水や生活雑排水が流れ込むと槽内に少しずつ水に溶けない固形物や汚泥が溜まってきます。これをそのままにしておくと臭いや水質悪化及び詰りの原因になります。そこでバキューム車で汚泥引抜が必要になります。年1回以上行います。
浄化槽法第11条に定める定期検査
11条検査は、浄化槽の保守点検・清掃が適正に実施され、浄化槽の機能が正常に維持されていることを確認するための検査です。毎年1回定期的に実施することとされています。 浄化槽の比較